学校長挨拶
  ごあいさつ
                                                          
                                                                                福島県立葵高等学校長 尾形 幸男 
  
 葵高等学校長として2年目となります尾形幸男でございます。輝かしい歴史と伝統を積み重ねてきたここ葵高校で、熱い思いを持った生徒・教職員と共に過ごし、私自身が多くの「未見の我」を見出すことが出来ました。これからも、1年目で感じた本校の素晴らしい教育活動を多くの方々に発信すると共に、次代を担う生徒の未来と本校発展のために、職責を果たす所存であります。

 葵高校は、明治42年5月に会津高等女学校(後の会津女子高等学校)として創立され、以来各界で活躍する人材を多数輩出し、会津の中心校としてその役割を果たして参りました。平成14年度の男女共学化により、現在の校名に変更されましたが、「葵のように」まっすぐに大空に向かう凜とした生徒の姿は、創立以来脈々と受け継がれています。更に「葵のように」という校章・校歌に込められた校風のもと、生徒たちは日々学業や部活動等に真摯に取り組んでいます。

 本年度は、本校スローガンである「私の選択には、意志がある。」の原点に立ち返り、『葵プライド』を強く意識し、生徒一人一人が、「主体的に考え、判断し、行動できる」人材の育成に重点を置き、教育活動の充実を図ります。その為に、教職員の個の調和を大切にし、深い学びを会得できる授業と課題探究活動を両輪とし発展させると共に、部活動や学校行事等により、豊かな人間性と社会性を備えた人材を輩出することを目指し、新たな教育改革を進めてまいります。

  今後とも本校の教育活動に対しまして、御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。(令和6年4月1日)
 
校長ブログ

おがっちBlog

【おがっちBlog66】葵教員の心意気

 先日、本校教員を対象に、「葵ゼミについて

考えるワークショップ」と題し、研修を行った。

 「葵ゼミ」を開始して5年が経ち、活動にも

変化変容が生まれ、教員間での関わり方等、

再確認する時期だと感じたからである。

 日頃から本校のパートナーとして尽力いた

だいている「Bridge for Fukushima」の方に

ファシリテーターをお願いし、そのアシスタント

として本校地域コーディネーターに入って

いただき、90分にわたって協議を深めた。

 昨年度末に実施した「葵ゼミ」に関する

教員アンケートを分析すると、

①生徒の様子や指導方法についての意見

②「葵ゼミ」の活動目的や意義を生徒は

どのように理解しているのか

③教員はどう関わったらいいのか 等々の

意見が出ていた。

 ファシリテーターは、本校にとって

「葵ゼミ」とはどのようなものなのかを

学校経営・運営ビジョン等も踏まえ、教員

同志で対話しながら言語化することで

共通認識を図れるようサポートしてくれた。

 本校にとって、今後もこの「葵ゼミ」が

生徒の進路に繋がる大切な授業であること、

更には、今まで以上に特色化・魅力化して

いくためも今回の研修を意義ある1歩に

していかなければならない。

 様々な業務を調整し、葵教員が「葵ゼミ」

について同じ時間の中で、考え、相手を

尊重し、判断し、想いを言語で表現する。

まずは、その1歩を踏み出した。

 『自ら、主体的に!』

 社会で通用する人材を輩出するために、

葵教員の心意気が垣間見れた。

 この研修は、今後も継続して行っていく。

 *「葵ゼミ」の詳細については、本校

  HPの「葵ゼミ」をごらんください。

 

学校案内
授業紹介

各教科授業の様子

【芸術科・美術】展示のお知らせ

いつもお世話になっている福西本店さんで、令和5年度美術Ⅰ・美術Ⅱ選択者の作品が展示されます。

展示期間中、葵高校生とその保護者は入館料無料となっております。

27日(土)のPTA総会後、ぜひ足をお運びください。

 

今年度の赤べこと小法師の制作も始まっています。