学校長挨拶
 「葵」のように「凜」として
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
                      
福島県立葵高等学校長 鈴木 睦治 
  
 葵高等学校は、明治42年5月に会津高等女学校(後の会津女子高等学校)として創立されて以来、各界で活躍する多くの人材を輩出し、会津地方の中心校として長い伝統を築き上げてきました。その校風は、「葵」のようにまっすぐに空に向かう「凜」とした姿であり、創立当初から変わらず、今日まで脈々と受け継がれてきています。本校生は「葵」という校章に込められた校風を胸に、日々学業や部活動等に真摯に取り組んでいます。
 本年度は創立110周年という節目の年にあたります。葵高等学校の新たな伝統を築くべく、また近年の教育情勢の変化に対応すべく、葵高等学校改革元年と位置づけ「私の選択には、意志がある。」をスローガンに掲げました。校訓である「自立・自学」のもと、「何事にも主体的に取り組む生徒の育成」すなわち「リーダーとして社会に貢献できる有為な人材の育成」に真摯に取り組んでいきたいと思います。今後も「葵」のように「凜」としてまっすぐに空に向かい、新しい未来を切り拓いていくことができる知・徳・体の調和のとれた人材の育成を、教職員・生徒ともに目指してまいります。
学校経営・運営ビジョン
いじめ防止対策

学校いじめ防止基本方針.pdf(平成30年4月27日更新)
葵高校の年度毎のいじめ認知件数.pdf(平成30年4月1日更新)

学校案内パンフレット
アクセス