学校長挨拶
 「葵のように」凜として
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
                      
福島県立葵高等学校長 鈴木 睦治 
  
 葵高等学校は、明治42年5月に会津高等女学校(後の会津女子高等学校)として創立され、以来各界で活躍する多くの人材を輩出し、会津の中心校として長い伝統を築き上げてきました。その校風は「葵のように」まっすぐに大空に向かう凜とした姿であり、当時から変わらず、今日まで脈々と受け継がれてきています。本校生は「葵のように」という校章・校歌に込められた校風を背に、日々学業や部活動等に直向きに取り組んでいます。
  本年度はcovid19により未曾有の状況になっていますが、これを乗り越えるには、他と協力しながらも、自ら考え判断し、行動していく力が求められるでしょう。それは、まさに本校のスローガン「私の選択には、意志がある。」や「葵高校生が身につけたい10のチカラ」を目指して培われる力であります。今後も、「葵のように」凜として、まっすぐに大空に向かい、新しい未来を切り拓いていくことができる人材の育成を教職員・生徒ともに真摯に目指してまいります。(令和2年4月1日)
学校経営・運営ビジョン
いじめ防止対策
学校案内パンフレット
アクセス