校長blogs

A sign of spring: Displaying the Hina dolls

 漸く春の兆しが目に見えてきました。先週いっぱいの寒波・大雪はこの週末でかなり消え路面にはほとんど雪が見あたらなくなりました。日差しも心地よく朝から眠気をもよおしそうですが、頑張って仕事したいと思います。校内では、ご覧のように本校恒例の雛人形が展示されました。まさに春の兆しです。詳しくは総務でもHPに記事を掲載していますのでご覧ください。写真の生徒からは「この写真校長blogに載せるんですか…やったぁ。」といった言葉も聞かれ、校長blogが生徒の中に少しは浸透しているようで嬉しくなってしまいました。来週の今日は卒業式です。まだ校長式辞は全然できていません(勿論間に合わせます)が、穏やかな春が何とか続きますように…。また、今日夕方には美工部が先週「会津絵ろうそく祭り」で創作したものを本校正面前庭に display しました。雪と夜を背景に幻想的な雰囲気を醸し出しています。是非こちらもご覧ください。(2021年2月22日)

Tip: 「春」は英語で "spring" ですが、他にも「泉」や「バネ」の意味があることは知っていますよね。なぜでしょう。動詞の "spring(=to move suddenly and quickly, especially by jumping)" には「はじける、とびだす」の意味があるからです。「芽がはじける、とびだす」⇒「春」、「水がはじける、とびだす」⇒「泉」、「バネ」は言うまでもないですよね。