校長blogs

Rain Rain Go Away

 Rain rain go away / Come again another day / 〇〇 wants to play /「雨、雨、あっちへ行け / 別の日に来い / 〇〇は遊びたい」皆さん聞いたことがありますか。マザーグース(Mother Goose)という童謡で、英語圏では誰でも幼児期から知っているものです。会津はあまり影響ありませんが、ここのところずっと各地に被害をもたらしている大雨には辟易としてきました。さらに追い打ちをかけるようにコロナ禍は再燃し、昨日は久しぶりに福島からも1名感染者が出てしまいました。雨もコロナもあっちへ行けの心境です。さて、校内では以下のように生徒会新役員の認証式を行いました。新役員の皆さんには雨やコロナを吹き飛ばすような笑顔で頑張ってほしいと思います。◎ 会長  髙橋優太(2-2) ◎ 副会長  佐土原桜(2-4),小林俊博(1-2) ◎ 会計  藤田茉南夏(2-4),早田萌(1-2),鈴木洸陽(1-3) ◎ 書記  岩井呼春(1-1),赤間里桜(1-1) です。期待します。(2020年7月15日)

Tip: マザーグースは、心地よいリズムと覚えやすい歌詞で浸透していますが、歴史や文化も反映していて、謎に満ちたものも少なくありません。韻(rhyme [ライム])を踏むものが多く、この Mother Goose 童謡は nursery rhymes「子ども部屋の韻(歌)」とよく言われます。上述3行の Rain Rain Go Away の韻がわかりますか。… away / … day / … play と下線部が同じ [ei] の発音で終わっていますね。