校長blogs

Perseverance will win in the end.

  「忍耐が最後には勝つ。」7月も終わり8月です。ここ1週間連日厳しい猛暑日が続いていますが、熱中症(heat stroke)には十分注意して乗り切ってください。特に3年生、センター試験まで170日です。負けるな。進路実現に向けて粘り強く頑張れ。タイトルの perseveranceは「忍耐」の意味ですが、patience もOKです。なお、「~に耐える」の意の動詞には endure, bear, stand, tolerate, put up with があります。必須語なのでおさえておきましょう。

 下にあるように、7月28日の福島民報の特集記事に本校の「葵ゼミ」が載りました。本校の特徴がよく伝わっていると思います。是非見てください。また、9月1日開催の「葵祭」のポスターが出来上がりました。早速掲載します(HPトップページにも掲載)。本校生の主体的な躍動感が伝わるかっこいいポスターです。皆さんで大いに盛り上げていきましょう。(2019年8月1日)

  

Tip:  昨年のブログで、英語の月名9月(September)から12月(December)は、3月(March…1年始まりの月)から何番目かで表したことをお話ししました。しかし、夏の7月(July)と8月(August)の語源は特異です。7月は古代ローマのジュリアス・シーザー(Julius Caesar)の誕生月、8月は初代ローマ皇帝アウグストゥス(Augustus)の誕生月で、それぞれ時の権力者が自分の名前を月名に入れたそうです。面白いですね。