校長blogs

Old soldiers never die; they just fade away.

 

 「老兵は死なず、ただ去り行くのみ。」カッコいいでしょう。マッカーサーの引退演説の締め括りとされていますが、私も退職時に使ってみたいなと考えていた言葉です。県立高校教員37年の最後の一日になりました。振り返れば、soldier では勿論ないですが、いろいろな意味で闘いの日々だったなと思います。勝敗はともかく、闘い抜くには気力と体力が肝要で、そしてそれらを支えてくれたのは「出会い」だったなと改めて感じています。多くの人たちとの出会いのお陰でここまで来れました。本当にありがとう。卒業式や終業式でも「人生は出会いに尽きます。出会いは人生を豊かにし、別れは人を成長させます。」と述べてきました。皆さん、これまでの出会いも、これからの出会いも大切にしてください。写真は、葵高校の前庭に漸く花開いたフリージアと、少し早いですが校長室に飾られるであろう私の写真です。見納め(笑)でしょうから、載せてみました。最後に、映画監督 大林宣彦 の別れの言葉で私の校長blogを閉じます。「(出会ってくれて)ありがとう」「(何もしてあげられなくて)ごめんなさい」「(礼儀正しく)さようなら」(2021年3月31日)

Tip:  フリージア(freesia)の花言葉は、「期待(expectation)」を主に、色により「純真・まっすぐ(innocence)」「友情(friendship)」「信頼(trust)」「思いやり(thoughtfulness/consideration)」など良いものばかりです。フリージアの由来は、その発見者が友人の名前フレーゼに因んで学名を付けたところだそうです。その時の出会いや思いが名前や花言葉に込められていますね。