校長blogs

校長blogs

Who is your role model? Who is the person you respect?

 "role model" とは見本となる人、尊敬する人のことです。「(あなたの)尊敬する人は誰ですか。」私の場合、尊敬する人はたくさんいますが、現実的には写真の人です。皆さん知っていますか。本校の第30代校長で花井宣明先生といいます。在職中に本校創立100周年(右の写真)を迎えた方で、今回秋の叙勲で瑞宝小綬章を受けられました(左の写真)。大変な栄誉で、令和天皇にも拝謁されたたそうです。私は現在第34代校長で110周年を迎えました。花井先生にはまだまだ遠く及ばないですが、わたしの目標とする校長像です。皆さんには尊敬する人はいますか。(2019年11月7日)

Tip:  勲章は英語では order や decoration, medal を使うようです。order が意外ですね。「菊花賞」「桐花章」「旭日章」「瑞宝章」「宝冠章」「文化勲章」に大別され、花井先生の受賞されたのは「瑞宝章」です。公務員や公共的な業務に携わってきた人に対して与えられる章だそうですが、かっこいいですね。

 

Bolt out of the blue.

 タイトルは「青天の霹靂(予期しない突然の出来事)」の意味です。省略して out of the blue ということもよくありますが、「青空から雷(稲妻)」の意味では共通です。今朝、文科大臣から新大学入試の英語民間試験活用を来年2021年度から2024年度に延期する発表がありました。まさに "out of the blue" でした。新しい大学入試については長年物議を醸しており、中でも英語民間試験の活用については問題山積で学校としても対応にずっと頭を痛め苦慮してきました。高校2年生が対象なので、今年早い時期から手続きやシステムを説明したり、検定試験の準備をするなど努めてきましたが、まあ、できるならば、もう少し早い段階で決断・発表してほしかった気がしますが…。(2019年11月1日)

 生徒の皆さん、制度や方針が変わろうと、「学び」についてやることは変わりません。英語のみならず、他の学習もコツコツと粘り強く主体的に取り組んでいきましょう。よく言われますが、努力は必ず報われるです。"Hardwork always pays off."

It feels more like fall.

 「秋の深まりを感じます。」台風19号やその後の断続的な雨で依然として多くの方が苦しんでいて元気が萎えていましたが、今日は久しぶりの秋空です。私は高校説明会で耶麻郡の3つの中学校を訪問してきましたが、移動途中で素晴らしい景色に出会いました。写真のようにススキが一面の原っぱです。英語では "silver grass" というようで、文字通り銀色の草原で美しいです。一方で、金色の原っぱも別のところにありました。セイタカアワダチソウです。"goldenrod" と英語で言うようで、これも文字通り金色の棒という感じです。本校生にも被災された方々にも金銀の秋の風景を届けたいと思います。(2019年10月31日)

 

Great oaks from little acorns grow.

 朝6時30分、本校第2学年が修学旅行に出発しました。生憎の雨空でしたが、少し明るくなってきて良い旅になりそうです。気をつけて行ってきてください。今日から団長の横田教頭先生が修学旅行記をHPに上げますので、是非見てください。

 出発地は会津大学をお借りしましたが、折角なので、静かで誰もいないキャンパスを散策させてもらいました。目にとまったのが、至るところ一面に大量のドングリ(acorn)が落ちていたことです。随分前ですが、この "acorn(エイコーンと発音)" という言葉に初めて触れた "The man who planted trees"「木を植えた男」の話が浮かびました。確か中学校の英語の教科書に載っていたかもしれないので、読んだ人も多いかもしれません。そして、今日は何と言っても「即位の礼」が行われる令和開始の日です。また、台風19号で被害を受けた学校の多くが昨日から再開を果たしたようです。時代も社会も厳しく長い道のりになりそうですが、最初の一歩を踏み出した感じがします。(2019年10月22日)

Tip: タイトルの英文は「大きな樫の木も小さなドングリから」というイギリスの諺で「小さな一歩からすべてが始まる。小さなことを大切に積み上げれば、大きな夢や目標は自然とついてくる。」ということだそうです。ノーベル化学賞の根岸英一氏の好きな言葉でもあり、"The man who planted trees" はまさにこれを表した小説です。一人の男が人知れずドングリを植え続け豊かな森をつくった話です。acorn は 樫(oak) の木の実(nut)です。栗は chestnut、胡桃は walnut、松ぼっくりは pine cone と言います。

Recovering from the disaster. We don't like to feel alone.

 悪夢の三連休でした。言葉が出ません。台風19 号のもたらした被害はあまりにも甚大で、今現在の福島県の被害状況は、死者27名、堤防決壊16河川23箇所、ライフラインの鉄道や道路も運休や通行止めが多数、さらに停電や断水等、復旧の見通しも難しい深刻な状況です。本校や会津は大きな被害はありませんでしたが、中通りや浜通りの状況は大変です。浸水や断水により当面休校を余儀なくされている学校もいくつかあります。先生方や生徒さんがボランティアで泥の掻き出しやゴミの撤去をしている映像を見ると本当に心が痛みます。こんな時、安易に「頑張れ」「前を向いて」とも言えない気がしていますが、ただ、被災された方たちがしてほしいことを少しでもしてあげられたらなと思っています。それは微々たる募金かもしれませんが、何かしたいと考えています。(2019年10月16日)

 タイトルは「(台風)災害から立ち直る。私たちはひとりだと感じたくはない。」の意味です。日本にもありますが、アメリカにもキリスト教の黄金律・行動規範(the golden rule)というものがあります。それは "Do unto others as you would have them do unto you."「人にしてもらいたいと思うことを人にしなさい。」です。