校長blogs

校長blogs

Make the most of the long holidays ahead.

 桜花もかなり散り始め、スイセン "narcissus" やチューリップの花が前庭を占めてきました。一方、校舎内には端午の節句に向け、立派な鎧兜が購買部前に飾られています。この鎧兜は「産衣の鎧」と言い、平成14年の葵高校(男女共学化)発足に伴い同窓会から寄贈されたものです。毎年、桃の節句には雛人形(2月15日の校長blog掲載)が、端午の節句には鎧兜が飾られます。じっくり見て楽しんでください。

Tip:  スイセンは英語で narcissus(ナルシッサスと発音)と言います。有名なギリシャ神話が語源です。ナルキッソスという名の美少年が、泉に映った自分に恋をしてしまい、動けなくなりそのまま死んでしまったという話で、スイセンの花がそこから咲いたということです。だから、スイセンの花は水辺で、水をのぞき込むように咲くそうです。narcissist「ナルシスト、自己陶酔者、うぬぼれ屋」も同じ語源です。

 

 

 

 今日は午後から、「葵高校教育改革」「家庭クラブ入会式」「葵祭へ向けて」の各発表が大型スクリーンを使って行われました。「葵高校教育改革」では、教育改革の必要性やルーブリックの取り組み方などがわかりやく説明されました。「家庭クラブ入会式」は合唱部によるクラブ曲「明日へ」の演奏もあり和やかな入会式でした。また、「葵祭へ向けて」では実行委員長より、テーマ「咲け 立葵 ~今をまっすぐに~」の発表がありとても印象的でした。

 その後「生徒総会」が行われました。執行部や議長団の準備努力のお陰で円滑に進行することができたようです。みなさん、いよいよ、令和元年度葵高校生徒会が始動します。まずはタイトルどおり、勉強も含め、これからの長い連休を最大限有意義に過ごしていきましょう。(2019年4月25日)

The cherry blossoms are in full bloom.

 葵高校の「桜が満開です」。まさに春爛漫でとても気持ちの良い一日です。下には今日撮影した桜の写真を掲載しました。それぞれ、松操会館、校舎内、グラウンドで撮ったもので、本当に見応えがあります。是非、桜の花を楽しみましょう。

 

 

 

Tip:  桜の花は勿論 "cherry blossom" ですが、たくさんの花のことなので "cherry blossoms" と複数形で表すのが普通です。花と言えば一般的に "flower" ですが、"blossom" は木(果樹)に咲く花のことです。注意しましょう。ex) apple blossoms(〇) rose blossoms(✖)⇒ rose flowers(〇)

 昨日の部登録を済ませ、各部活動が新入生を交えて練習が盛んになり始めました。下の写真は第一体育館と第二体育館の様子です。みんな頑張っています。 (2019年4月18日)

 

 

The secret of getting ahead is getting started.

 昨日の入学式を経て、今日4月9日(火)に生徒会主催の対面式と新入生歓迎会が行われました。対面式では、新入生の代表挨拶や生徒会役員の紹介が和やかに行われました。

 また、新入生歓迎会では、各部活動が趣向を凝らした歌・踊り・寸劇・発表を行い、大いに盛り上がったようです。プロモーションビデオを制作・提示した部も多く、葵高生の意欲と発表スキルの高さに感心しました。生徒だけでなく、私たち教員も楽しく過ごすことができました。

  

 タイトルの英文はアメリカの文豪 Mark Twain の言葉で「成功する秘訣は、始めることだ。」という意味です。昨日の入学式辞の中でも、新入生に向け "Let's get started." と呼びかけましたが、今年度は元号も変わり新時代の幕開けなので、私から皆さんへの最初のエールです。勉強や部活動等、いろいろなことに積極的なスタートを切りましょう。

 校内でも、ようやく桜花が見られるようになりました。弓道場のそばの桜で、まだわずか数輪ですが、しっかりと咲き始めました。中庭のミモザ(アカシア)も小さな花が咲き始め、木全体が黄色く色づいてきました。"Let's get started."   (2019年4月9日)

 

 

Thank you for everything (you've done for me).

 3月26日(火)午後、本校体育館で離任式が行われました。10名の先生方が離任され、在職期間は3年から10年と様々でしたが、葵高生への思いを一人一人熱く語られました。在校生はもちろん、多数集まった卒業生も真摯に耳を傾けていました。こんな時に私たち送る側が伝えられるものは、ただ感謝の言葉ではないでしょうか。標題の英語は「今までお世話になりました。いろいろありがとうございました。」を表したものです。さらに、"I cannot thank you enough / too much.  I am full of gratitide."「感謝してもしきれません。感謝の気持ちでいっぱいです。」を付け加えると一層感謝の気持ちが伝わると思います。離任される先生方、本当にありがとうございました。

 正面玄関前に、よく見ると色鮮やかなフリージアの蕾が出てきました。春の象徴の花です。数日で花が開くでしょう。花言葉は "friendship"「友情」や"trust"「信頼」だそうです。これも今日の離任式と繋がり、象徴的な感じがしています。(2019年3月26日)

 

Congratulations on passing! Welcome to AOI!

  3月14日(木)正午、本校の合格者発表が行われました。予期せぬ大雪で除雪等大変でしたが、先生・職員の方々の努力で、来年度本校への合格者200名を発表することができました。小雪舞う中での発表でしたが、合唱部など部活動や委員会の先輩からの熱い歓迎も受けて、感激し決意を新たにしているようでした。

 合格者の皆さん、合格おめでとうございます。葵高校へようこそ。4月から3年間、本校の心得である "Active" "Honest" "Independent" で頑張っていきましょう。保護者の方々もよろしくお願いします。

 在校生の皆さん、4月から200名の新入生が葵高校へ入ってきます。良き先輩として、ともに頑張っていきましょう。上のAOIに加えて、「いさつ」「もいやり」「っしょうけんめい」も忘れずに心得ていきましょう。 (2019年3月14日)