校長blogs

校長blogs

Seeing is believing.

 10月17日(水)~20日(土)、3泊4日の関西への修学旅行(school trip)を引率してきました。まさに「百聞は一見に如かず(Seeing is believing.)」でありました。特に「宝塚歌劇」は想像をはるかに超える見応えあるものでした。修学旅行の醍醐味はやはり、自分の目で、耳で、肌で、直接体感することです。生徒の皆さんは、それぞれに五感を用いて京都や大阪、奈良、神戸を十分体感していたようです。

 生徒の旅行の様子は2学年がリアルタイムで掲載してくれたので、私は自分が訪れた場所のスナップ写真を掲載します。(2018年10月23日)

  

                  金閣寺                清水寺(補修中)

 

       本能寺(補修中)              寺田屋

 

    坂本龍馬・中岡慎太郎の墓             八坂神社

 

     北野異人館通り 風見鶏の館          宝塚大劇場(公演ステージ)

 

    ディナークルーズ(コンチェルト号)                             大阪城

The typhoon passed.(台風一過)

 昨日の台風が過ぎ、今日は漸く青空が戻ってきました。甘い香りがすると思ったら、事務室脇の中庭のキンモクセイ(fragrant olive)が満開で、まさに「台風一過」という感じでしょうか。

 生徒の皆さんは、今日から2学期の中間考査が始まりました。前回のブログでも書きましたが、秋は学習にも最適の季節です。しっかり学習に専念してください。こうした積み重ねが最終的には皆さんの進路実現に繋がります。何かを成し遂げるかどうかは、それに向けた準備の質と量で決まります。Abraham Lincoln(16th U.S. president)の言葉を以下に引用します。(2018年10月2日)

"If I had eight hours to chop down a tree, I would spend six of them sharpening the axe."

「木を1本きるのに8時間もらえるなら、私はその6時間を斧を研ぐのに費やす。」

 1週間前の9月23日には、会津まつり「会津藩公行列」が青空の下、女優の綾瀬はるかさんや鈴木梨央さんも参加して、盛大に行われました。葵高校のなぎなた部やALTの Gary も参加し彩りを添えていました。

 

Fall is the best season for sports and learning.

 9月19日(水)秋晴れの本当の青空の下、体育祭が行われました。リラックスした雰囲気の中、笑顔でリレーやゲームやダンスなどに興じる姿が見られました。"You really enjoyed sports again."

 秋はスポーツや読書など、何をするにも最高の季節です。部活動等の新人戦やコンテストも始まっています。練習の成果を是非発揮してください。また、読書にも最高の季節です。図書室にも新刊書を含め多くの本が紹介されています。秋の夜長を有効に使いましょう。

 もう一つ、秋は勉強にも最高の季節です。10月2日からは2学期の中間考査が始まります。計画的に準備をして試験に臨みましょう。実りの秋に、どれだけ勉強して学力をつけるかが大切です。次の心得を忘れずに取り組みましょう。「Active  いさつ」「Honest  もいやり」(2018年9月20日) 

Honest & Omoiyari(おもいやり)

 酷暑の夏休みも終わりました。今週は一転して雨模様の不安定な天気が続いていますが、体調等崩さぬよう元気に2学期を過ごしましょう。上に載せている写真は学校の中庭で唯一見つけたピンクの淡い花です。「百日紅」と呼ばれ、夏の盛りに長い間ずっと咲き続けます。「サルスベリ」ともよく呼ばれます。右の写真からわかるように、樹皮がツルツルで猿も滑ってしまうからだそうです。

 昨日の始業式で話しましたが、AOI(葵)の頭字「O(お)」に因み、2学期の心得を「Honest(オネストと発音)」と「もいやり」としました。1学期は AOI(葵)の「A(あ)」に因み、「Active」と「いさつ」でした。1学期の心得を継続して、さらに「Honest(誠実、公正)」「おもいやり」も心掛けていきましょう。式の中でボランティアの尾畠春夫さんにも触れましたが、改めてその言葉を下に載せておきます。(2018年8月28日)

 「(記者からの「よしきちゃんにかけてあげたい言葉は?」の問いに対して)もしどこかで元気に大きくなったら、人が喜ぶことをしてあげてと私は伝えたいですね。人が悲しむことじゃなくて、人が喜ぶこと。小さくてもいいから人が喜ぶことをしてあげてねと言いたいです。」

 

Failing to prepare means preparing to fail.

  

      (千日紅 strawberry field)                  (ポーチュラカ)

 みなさん、いよいよ今日から夏休みです。連日異常な猛暑が続いていますが、体調には十分注意して夏を乗り切りましょう。上に、夏に強い花の写真(校内に花が見当たらず、自宅の花を撮影)を載せました。千日紅は文字通り、千日も長く赤い花が咲き続けます。苺のようにも見える strawberry field(苺畑)という名の品種です。また、ポーチュラカも色とりどりの花が長く咲き続けます。花言葉は "Always cheerful(いつも元気)" で、まさに葵高生の夏にぴったりです。

 タイトルの英文は、昨日の終業式で引用したアメリカの政治家・科学者の Benjamin Franklin の言葉です。「準備に失敗するとは、失敗の準備をしていることだ。」という若干皮肉めいた意味ですが、準備の大切さを物語っています。大事を成すにはひたすら準備すること、努力を傾けることです。この夏は3年生はもちろん、2年生・1年生にとっても、夢や進路実現へ向けての大切な準備期間です。頑張って継続してください。Benjamin Franklin は、夏時間(Daylight-Saving Time)を提案した人でもあり、次のような周知の名言も数多く残しています。(2018年7月24日)

"Time is money.(時は金なり)"  "Never leave that till tomorrow which you can do today.(今日できることは明日まで残すな)"