校長blogs

校長blogs

One's destination is never a place, but a new way of seeing things.

  今日は待ちに待った遠足(school trip)の日ですが、生憎朝から100%雨です。雨女や雨男(rain bringer/maker)がたくさんいるからかもしれません。上の写真1段目と2段目の区別がつきますか。上段は2年生の出発時の風景、下段は1年生の出発時の風景です。ほとんど変わらないでしょう。2年生は8時20分に、1年生は9時に同じ神明通り付近から出発したからですね。2年生は修学旅行の代替旅行①として新潟方面へ向かい、1年生は「葵ゼミ」研修旅行として①南郷方面、②西会津方面、③郡山方面、④猪苗代方面、⑤喜多方方面へ向かいました。目的地は様々ですが、生徒はみんな楽しそうです。タイトルどおり「(旅の)目的地は決して場所ではなく、物事の新しい見方である。ヘンリー・ミラー(Henry Miller) 」です。楽しんで、新しい見方を得てきてください。さて、昨日嬉しい知らせがありました。本校の斎藤功(筆名 北方貫一)先生が第73回県文学賞で「準賞」を受賞されました。初めて応募されたそうですが、すごいですね。小説・ドラマ部門で「チャパティ焼こか?」という作品です。是非読んでみたいですね。(2020年10月23日)

Tip:  旅(行)を表す英語には "travel" "trip" "tour" "journey" がよく使われますが、その違いをまとめてみました。 ○ travel … 一般的な旅行(動詞) ○ trip … 短期間の旅行・出張(名詞)  ○ tour … 周遊旅行(名詞) ○ journey … 長期間の旅・道のり(名詞)

Music is a more potent instrument than any other for education.

 タイトルは古代ギリシャの哲学者プラトン(Plato)の言葉で「音楽は他のどんなものよりも強い教育の手段である」の意味です。実際は "because rhythm and harmony find their way into the inward places of the soul.(リズムとハーモニーが魂の奥底まで届くから)" が後に続きますが…、今日本校では、芸術鑑賞教室を會津風雅堂で行いました。本来6月の予定で、コロナ禍により4ヶ月延期しましたが、検討を重ね何とか実施することができました。「大久保宙と宙バンド」による生徒参加型パーカッション・民族楽器アンサンブルで、写真のように生徒は大いに音楽を楽しみ盛り上がることができたようです。生徒会担当の長谷川桜先生が述べていましたが、皆さんこれを活力に今後また元気よく学校生活を送っていけそうです。音楽ってすばらしい。(2020年10月15日)

 芸術鑑賞教室に先立ち、3年の木村有希君の壮行会を行いました。「JOCジュニアオリンピックカップ全国高等学校陸上競技大会2020兼U20全国陸上競技大会」の男子800Mに出場します。大会に懸ける木村君の思いや生徒会長の激励の言葉はとても感動的で良かったです。また、3年の伊藤花さんは何と英検の準1級に合格(本校で2人目)し、報告に来てくれました。どちらも直向きに努力してきた賜ですね。すばらしい。

Signs of autumn in Aoi.

  「秋冷の候」今日はまさにこの時候の挨拶の日ですね。一日中気温は15℃もいかないでしょうか。進路講演会の講師として来校した福大の先生は「(福島も寒いけれど)会津は寒いですね」と話していました。油断すると風邪をひきそうです。皆さん、健康管理には注意しましょうね。先週から本格的に始まりましたが、私は近頃高校説明会で各中学校を飛び回っています(昨日は柳津、今日は喜多方と若松)。コロナ禍により説明会がこの時期に集中して大変ですが、葵高校の良さをアピールしたいと思います。さて、上の写真は「葵高校の秋の気配」として撮ったものです。金木犀(fragrant olive)はまだ芳香を漂わせています。図書室の前には Halloween の飾り(ornament)、購買前には秋の七草の飾りが置かれています。そして美術の浦埜先生の計らいで、各廊下には1年生の作品(「煮干し」のデッサン)や2年生の作品(芸術作品をモチーフにした T-shirt)が多く展示してあります。何か葵高校に芸術の秋(the arts of autumn)を感じませんか。(2020年10月9日)

Aoi Breaking News: What splendid work!

  「葵速報 快挙!」3年の三瓶莉央さんが英検の準1級に合格しました。”Good for you!”  本当にすばらしいですね。文科省では英語教員の備えるべき英語力の目標値を 「英検 準1級」 「TOEFL 550点」 「TOEIC 730点」 としていますから、三瓶さんのすごさがわかるでしょう。 また、本校演劇部は9月末の地区演劇コンクールで「最優秀(1席)」に輝き、12月に福島市で行われる県大会への出場権を獲得しました。これも本当にすばらしいですね。2年の小松和彩さんのオリジナル脚本・演出で「槌心ーついしん」という作品です。審査員から高い評価をいただいたそうですよ。(2020年10月5日)

Tip:  ”breaking news” とは「速報」の事です。他に "spot news" や "flash news" という言い方もあります。ニュースでなければ、"prompt/quick announcement" も使われます。

Shoot for the moon.

 今日は10月1日、中秋の名月(harvest moon)です。生憎曇り予報ですが、昨日はそれは美しい満月でした。写真は退勤時(午後6時)に明るく大きな月が出ていて思わず撮ったものです。いよいよ10月が始まりました。生徒の皆さんは中間考査の真っ只中。本校では明日には大学入学共通テストの出願。何か後半戦がスタートした観がありますね。タイトルは「月を目指せ⇒大志を抱け(困難だが敢えて挑戦せよ)」の意味です。頑張りましょう。最近は各部活動での活躍や資格取得での快挙も耳に入ってきています。後でまた皆さんにお知らせしますね。(2020年10月1日)

Tip:  満月は "full moon" です。半月は "half moon"、三日月は "crescent moon" と言います。crescent が難しいでしょうか。"once in a blue moon" という変わった英語表現もありますが、「めったにない、稀な」の意味です。